お仏壇のリフォームでやってもらえる事

家を新築したり、先祖から高価な仏壇を相続したり、きれいな仏壇で先祖供養をしたいと思ったり、ご先祖様に感謝の気持ちをささげたいたと思う場合があります。そんな場合古く、傷がついたり、くすんだりしている仏壇を専門業者に頼んで、新品同様に解体、洗浄、修理、塗装、組み立てをおこない、依頼者に納品してもらう作業をリフォームと言います。新品同様になった仏壇は金箔が美しく、くすみが取れ、傷が修理されて、この仏壇をお祭りすることで、私たちはご先祖様に見守られていることを感じます。大きな家にあった古い仏壇を、今のマンションの小さいサイズにかえてもらう作業はリメイクであり、汚れを落とすだけの作業は洗浄と言われ、新品同様に作りかえてもらう作業とは異なりますので、業者に依頼する場合は、希望をはっきり伝えましょう。

お仏壇のリフォームとリメイク、洗浄、修理の違い

ご先祖様をお祭りするお仏壇ですが、代々受け継いできたものですと、傷がついていたり、くすんでいたり、丁つがいが壊れていたりする場合があります。仏壇の寿命は、大体30年と言われています。家を新築したけど、仏様を祭るところが古かったり、両親がから受け継いだ仏壇が高価なものなので、さらに、子孫の続けて祭ってほしいと考えたり、先祖供養は、先祖に感謝し、きれいな仏壇で行いたいと思った場合、仏壇のリフォームをすることができます。なお、昔の高価な大きな仏壇を今のマンションに合うサイズに作り変えることはリメイクと言います。仏壇の汚れ落としはクリーニング、不具合修理は、別の作業になります。この作業は、ただ仏壇の汚れ落としをするのではなく、専門工場で解体、修理、塗装が行われ、新品同様にすることができるのです。

仏壇を新品同様に作り替えるの手順の詳細

仏壇を新品同様に作り替える作業は、お客様からお預かりした仏壇を専門工場に送り、まず丁寧に解体し、スチームにより奥の汚れまで落とし、傷や破損個所の修理を行い、時には作り直しをする場合もあります。そして、研磨をしその上に塗装を行います。研磨は、数種類の研磨紙を場所により使い分けて行い、組み立てる前に一つ一つ、塗装を行うので、塗り残しが起こりません。次の組み立てを行いますが、その前の修理するところは打ち傷、スレ傷、トメ切れであり、交換部品で多いのは、近視、後ろ板、天板、紗、丁つがいです。組み立ての工程ごとに検品を行い、最終検品を行って、ご依頼主様に納品を行います。納品される時の仏壇の状態は、新品同様の美しさになっていますので、仏様、ご先祖様に感謝して供養を行う事ができます。