リフォームの際に気をつけたいお仏壇の配置

お仏壇とは多くの日本人にとっては、お位牌と共にご先祖様や亡くなった親族をお祀りして、対話をする場所と考えています。
本来の仏壇の意味を考えると、文字通り仏具や仏像を飾って仏様を祀る台のことを言います。
仏様よりもご先祖様や亡くなった親族をお祀りするものと考えている日本人においては、仏教への信仰がないといって批判するのも見識のひとつですが、日本人の伝統的な宗教や習慣である先祖信仰としても適切なものでもあります。
お位牌が置かれていることをとっても、ご先祖様が仏様や祖師様のお力で浄土へと導かれることを祈っているもしくは、導かれたことを信じていることで仏教とは切り離せないと言えるものです。

マイホームのリフォームで悩ましいお仏壇

子供が成長し独立したり長年連れ添った配偶者に先立たれ一人暮らしとなったなどのタイミングで、今まで生活を営んできたマイホームのリフォームを考える方も多くいることでしょう。
その際には、当然のことながらより快適で暮らし易い住居にすることを第一に考えるものです。
そこでよく問題視されるのが仏間やお仏壇の位置です。
ご先祖様や亡くなった親族をお祀りする大切なスペースではありますが、これからの生活を考えると今までと違う新しい感覚での置き方にしたいと思う方も大勢います。
そのため、昔とは異なった祈りの場所としての空間の置き方を提案していることも多く見受けられます。
配置についてのタブーや決まりごとを気になり、置く向きなどに関しては、特にこれでなくてはいけないという決まりはありません。

サイズとスペースの確保を考えるのが最重要

置き場の向きについては、特別な決まりごとはありませんが、通常は極楽浄土のある西に向かって手を合わせて拝むため東向きに置くことが一般的です。
ご先祖様がいつでも家族と一緒に身近にいる存在としての意味もあることから、居間など家族が集まる場所に配置することが望ましいです。
木製なため直接日光が当たる場所や湿気の溜まり易い場所、冷暖房などの風が直接当たる場所など、傷みの原因となる場所を避けるのが適切です。
高さ・幅・奥行きなど希望のサイズによって、専用の収納スペースや棚などを設けることとなりますので、置きたいサイズを考えるのが重要となります。
買い替えを考えている場合でも、あらかじめサイズを知っておかないとあとから置けなくなる場合もあるため注意が必要です。